2017/04/25

福島の桜


東京の桜がすっかり終わる頃には、福島の桜が満開を迎える。原発震災をきっかけに、この地の桜はもう見られなくなるのではないかという危機感があって、2011年春からは毎年のように足を運び、福島にある有名無名の一本桜を訪ね歩いてきた。今年は、昨年見つけた七草木の天神桜を青空のもとに撮ろうと思っていたところ、ボクにはすっかりお馴染みの三春滝桜を見たことがないと相方が言い出したものだから、これはぜひ行かねばなるまいと、先週末に三春町まで出かけてきた。

常磐道を北上して磐越道に入り、船引三春ICの混雑を避けて、手前の小野ICで高速道を降り、すっかり走り慣れてしまった下道を通って三春に入る。この近辺には立派な一本桜が数多くあり、時間があれば、あちこち見てまわりたかった。ただ、今回は出発時刻が遅かったことや、初めて見るという相方のためにも、昼間の滝桜をしっかり見ておいた方が良いだろうと思い、あまり寄り道をせずに目的地へと向かうことにした。東京からはクルマで3時間ほどの距離である。

滝桜は相変わらずの存在感ではあったが、今年、思いがけず嬉しかったのは、途中に立ち寄った紅枝垂地蔵桜の撮り方がいくらか分かってきたこと。羽を広げた鳥のように見えるこの桜は、その姿や花色から、三春滝桜の娘ではないかと言われている。すぐわきを道路が走り、後ろには山の斜面が迫っている。桜木の下方には花がなく、木の根元にある「地蔵堂」を入れて撮影しようとすると、途端に構図が窮屈になる。標準ズームでの撮影を諦め、桜木の下に入り込んでの超広角と、後方から手前の道路や人も一緒に望遠で切り取った構図に、この桜らしさがあると感じた。

六義園の枝垂桜や滝桜のように何度も訪れている桜は、だいたい撮り方が定まって来る。滝桜の場合は、一段小高くなったところ、桜木の「正面」に立ち、後方にある染井吉野の並木と、まだうっすら明るさの残る西方の空を入れてシャッターを切る。新味のない、ある意味「定点撮影」の様になってしまっているのだが、先ずは、それぞれの桜ごとに、自分なりの「形」を作ることが大切だと考えている。撮影は一期一会、本来ならリアルタイムでその「形」を見い出さなくてはならないのだろうが、紅枝垂地蔵桜は、今回、やっとそこに辿り着いた気がする。

人気の投稿