2017/03/26

恋の季節


週の初めには春分の日があって、本当に春らしい陽気に包まれた。久し振りに遠出をして、カタクリの里で咲き始めたばかりのカタクリを撮り、箱根の湿性花園を訪ねて水芭蕉を撮った。咲き始めの春の花たちの姿をカメラに収めながら、すっかり春らしくなった風景にワクワクするような気分を味わっていたところ、週の半ばには、東京でのソメイヨシノの開花までアナウンスされた。「今週末は早咲きの桜撮りだ!」と勝手にひとり盛り上がっていたのだが、週の後半、一転して寒さが戻ってきて、まるで真冬のような北風に冷たい雨。ソメイヨシノの開花も足踏みをして、今晩から明日にかけては、箱根のあたりでも雪の予想となっているから、この時期の天気は本当に分からない。

撮影に出る機会が増えてきたこともあって、今週は、このブログに載せたい写真がずいぶんたくさんあった。玉の井の散策中に撮った路地の奥に咲く白木蓮や、春の訪れを告げる鶯神楽、もちろん撮影の主役であった片栗や水芭蕉を撮ったモノの中にも、それなりにお気に入りの写真がある。どれか一枚を選ぶという作業がとても難しかったのだが、それらの多くはTwitterの方に「大量投下」をしたので、そちらでご覧いただくことにして、今回は、恋の季節を迎えて活動が活発になってきた、ご近所の公園のカワセミ君の写真を載せることにした。

ご存知かどうか、繁殖期以外のカワセミ君には強い縄張り意識があって、普段は全くの単独行動をしている。夫婦であっても親子であっても、縄張りに入り込んできた相手は激しく威嚇して追い出してしまうという。それが、この時期だけは、つがいで一緒にいる姿や、オスが獲った獲物をメスにプレゼントするといった、見ているこちらの頰が緩んでしまうような、愛らしい行動が見られることが知られている。鳥撮りをする人にとっても格好の被写体となるらしく、平日だというのに、撮影スポットの公園は、大砲を抱えた人たちで一杯になっており、「昨日は(メスに)獲物を渡すところが見られたんだよ」などという話が、あちこちで飛び交っていた。

ボクもそうした行動を撮りたくないワケではないが、今のカワセミ撮影の課題は、大砲レンズや三脚などの機材の扱いに十分に慣れて、飛び込みやホバリングといった基本的な動きを理解・予測して、きっちりピントの合った写真を撮れるようになることだと考えている。使用しているビデオ雲台や三脚は、今のカメラとレンズを扱うにはやや力不足で、飛び込みを待つ間の長い時間を、レンズを支える左腕がプルプルふるえるのをガマンすることが出来れば、飛び物に関しては、手持ちの方が歩止まりは良いくらいなのだが、よりしっかりした写真を撮るためには、何よりも練習が必要と思って、ボクには珍しく努力を重ねている次第だ。そのうち、ハッとするような写真をお目にかけることが出来ればと思っている。

人気の投稿